ハイドロキノンの効果はいつから実感できるのか?

スキンケア

ハイドロキノンは、おもに、シミの改善や予防に用いられる医薬品で、
シミの原因となるメラニン色素の生成を阻害する働きから、
美白効果が期待できます。

では、効果を感じられるタイミングはいつか?

シミって、できるだけ早くなんとかしたい!
と、あなたも思いますよね。

効果効能は、ハイドロキノンが医薬品ですからかなり期待できるはず。

あとは、効果のでるタイミング。
つまり、効果があらわれる時期が、短期的なのか長期的なのか……。
気になったので調べてみました。

ハイドロキノン を使うと効果はいつから実感できるのか?

ハイドロキノンは、
世界中のクリニックで採用されている究極の美白成分で、
このハイドロキノンを利用した治療を医療機関で受けた場合、
治療期間は2ヶ月~3ヶ月が目安だそうです。

医師の所見では、ハイドロキノンを外用して約3ヶ月程度で、
少しずつシミが薄くなるようですが、ただ完全には消えなくて
化粧で隠せる程度に薄くなります。

と、言われています。


ただ、実際に使った方によれば、
シミによって効果の表れ方がさまざまだとか……。

本当に薄くなったのもあれば、まったく変化なし?のも……
完全に消すまでには、かなり長期戦になりそうだとか。

シミによっては、3ヶ月以上、長期にわたってケアする必要があるようです。

つまり、たとえ医薬品成分のハイドロキノンでも
即効的な効果を期待しない方がいいようですね。

短期間で結果を求めるなら、シミ取りレーザーを併用しての治療もありますが……。
ただ、美容目的だと判断されるような治療の場合は、保険の適用外になりますので、
高額な金銭負担になりますので、金銭面のハードルが高いですよね。

でも、考え方次第では、
頑固なシミでも、メイクで隠せるくらいまで薄くなればと思われるなら
ハイドロキノンだけ利用してみる価値はあります。

 

注意!ハイドロキロンは、すべてのシミに効くわけではない

ハイドロキノンを利用する上で注意したいのが、
ハイドロキロンには、効くシミと効かないシミがあるということです。

効果が期待できるシミは、
老人性色素斑(紫外線が原因でできるシミ)のごく初期のもの。

炎症性色素沈着

肝斑


これらのシミであれば、
ハイドロキロンはとてもよく効くようです。

 

警告!ハイドロキノンには副作用があることも知っておくべきです。

ハイドロキノンを使用した場合、副作用があることも……。

まれに、治療初期には、皮膚に赤みが生じたり、
ヒリヒリとした違和感を覚えたりすることがあります。


また、ハイドロキノンは紫外線に当たると、
逆に「しみ」を濃くしてしまかねないなどの細心の注意が必要ですので、
かならず、、定期的な医師の診察のもとでの使用がいいでしょう。

 

はじめてのハイドロキノンでも安心!気軽に使える方法とは


もっと気軽にハイドロキノンを試してみたいなら、
ハイドロキノン配合化粧品の利用が良いでしょう。

国内で流通しているハイドロキノン配合化粧品の多くは、
濃度制限がないもののトラブル抑制のために
ハイドロキノンの配合濃度が2%程までに抑えらた製品が多いです。

海外ではもっと高濃度なハイドロキノン化粧品もありますが……。

たしかに、「もっと高濃度で配合された海外製品なら効きそう!」と
思われるかもしれませんが、


赤み・かぶれなど副作用のリスクが大きいく、
また、日本国内で許可が下りていない成分を配合している場合があります。

それゆえに、肌トラブルが発生したケースでの対処も
困難極めることもあるので、オススメはできません。

ハイドロキノンを初めて試したいが、
できるだけ、肌に負担をかけたくないとお考えの方には、
下記のトライアルセットを安心しておススメできます。

⇒ハイドロキノン配合のトライアルセットはココから

タイトルとURLをコピーしました