ティモティア保水バリアクリームがアトピー肌にも使えるって本当?

冬場の乾燥時期でのアトピーの肌は、
より敏感で乾燥しやすいですよね。


ピリピリして。

赤みもでる。


しかも、
肌がガサガサになりボコボコの感触に……。


これでは、メイクもできないし、
まして、このような肌の状態では、
外出もおっくうになりますよね。


きっと、あなたも、これまでに、
いろいろな保湿クリームを
使ってきているのではないでしょうか。


でも、一向に改善の効果が
みられなかったと言うあなたへ。


一度、試してみてもらいたい保湿クリームがあります。

それが、これ↓

ティモティア保水バリアクリーム


ティモティア保水バリアクリームは、
乾燥肌・敏感肌で、カサカサやヒリヒリしている肌のうるおいを守り、
肌のバリアをしっかりしてくれる保湿クリームです。

この表現でも、なんとなく、アトピーの肌にも良さそうと思いますが、
ティモティア保水バリアクリーム が、本当にアトピーにも使えるかどうかを検証してみました。

まずは、ティモティア保水バリアクリーム の成分からみてみましょう。

ティモティア保水バリアクリームには、アトピー改善に有効な成分が配合されているのでしょうか?


ティモティア保水バリアクリームは、
見た目は、一般的な保湿クリームに思えますが、
セラミドの重要性に焦点をあてたこだわりのクリームなのです。


ティモティア保水バリアクリームがこだわる成分とは

ティモティア保水バリアクリームがこだわる成分はセラミドです。

セラミドとは、肌の水分を守って保つ角層の細胞間脂質で、
みずみずしい潤い肌の決め手となる肌を守るための必須の成分です。

じつは、アトピー性皮膚炎の人の肌は、
保湿成分やセラミドが極端に少なく、
常に乾燥肌の状態にあることが分かっています。

つまり、セラミドを補給すれば
アトピーの改善に結びつけられるのではないでしょうか。

ところで、一般に、セラミドという成分には、
「天然セラミド」

「ヒト型セラミド」

「植物性セラミド」

「合成セラミド」
の4種類があり、どれも、保湿力がありそうに思いますが……

注意!セラミドは、みな同じ保湿力があるわけではありません!!

なめらかで若々しい肌はうるおい感に満ちています。
そんな潤いの感じられる肌の「角層」の中では、
何層もの角層細胞が重なり合っています。

そして、その角層細胞どうしのすき間を満たして、
細胞どうしや水分をつなぎとめているのが、
肌の必須成分である「セラミド」です。


さて、セラミドには4種類がありますが、
じつは、この中で、高い保湿効果が期待できるのは、
「天然セラミド」と「ヒト型セラミド」だけです。


ただ、「天然セラミド」と「ヒト型セラミド」は、一般に高価になりますので、経済的に使いづらいですね。

市場に出回っている、リーズナブル価格帯のセラミド配合化粧品は、
天然セラミドやヒト型セラミドではなくて、
合成して作られた類似セラミドが配合されているケースが少なくありません。

合成セラミドは、セラミドと似たような構造をしているものの、
保湿力や浸透力は「天然セラミド」と「ヒト型セラミド」ほど高くはないのです。


では、ティモティア保水バリアクリームはどうなのか?

ティモティア保水バリアクリームが採用しているセラミドは?

「ヒト型セラミド」を採用しています。

さらに、ティモティア保水バリアクリームでは、
「液晶構造」という特殊技術をも取り入れて、
高い保湿力とリーズナブルな価格を実現しています。

その特殊製造技術であるラメラテクノロジーを
活用してできたセラミドは「液晶構造ヒト型セラミド」と呼ばれています。

この「液晶構造ヒト型セラミド」についての詳しいことは、
下にて解説しています。
ティモティア保水バリアクリームのセラミドの詳細はココから>>

常に乾燥肌の状態でのアトピーの肌には、
まずは、セラミドを補い潤いを逃がさないことが、大切だとわかります。


さらに、ティモティア保水バリアクリームがアトピーにも期待できるのかを
口コミでもみてみましょう。

ティモティア保水バリアクリーム はアトピーにも期待できるのかを口コミで調査してみました。


ティモティア保水バリアクリームを使えば、
アトピーの肌質にも改善効果が得られるのかを、実際に使った方の声を集めてみました。

ティモティア保水バリアクリームの口コミ


口コミ その1.
「保水力がすごくよくて、少しの間使用し続けてみたら、太もものザラツキが滑らかになりました。」
34歳 乾燥肌


口コミ その2.
「マスクなしでは外に出ることができない位の赤みが目立っていたけれど、この保水クリームのおかげで赤みが引いてきています。
」39歳 敏感肌


口コミ その3.
「ステロイドや防腐剤も含まれていないので敏感肌ですがとりわけ問題はありませんでした。
使用してから4~5日目ぐらいでしょうか、温かい部屋にいても肌のかさつき感が、あまり感じなくなっていました。」


と言った感想がありました。

これらの、口コミ内容から、
アトピー肌と思われる方が利用されているのがわかりますし、
期待できたと言う感想から、

ティモティア保水バリアクリームはアトピーにも期待できると考えていいのではないでしょうか。

さらに、補足として、ティモティア保水バリアクリームの特長もまとめてみました!

ティモティア保水バリアクリームの4つの特長


ティモティア保水バリアクリームの一番の特長は……、

特長 その1.
液晶構造ヒト型セラミドを採用!


ところで、セラミドという成分は、もともと扱いが難しい成分で、
ただ単に配合しただけでは保湿力が低いって知っていましたか。

セラミドは水に溶けにくい性質のため、
化粧品に溶かし込んでも効果を出すことが
とても難しい成分なのです。

ですが、ティモティア保水バリアクリームは、
特殊製造技術を採用し、この問題をクリアして、
肌の内部にあるセラミドと同じ構造で配合することに成功しました。


次に、

特長 その2.
ナイアシンアミドを配合

ナイアシンアミドは、セラミドと一緒に配合することで
うるおいの相乗効果が期待できるという成分です。

だから、乾燥して敏感なお肌を
健康的な状態の肌に導いてくれることが期待できます。


特長 その3.
サンホワイトを配合

サンホワイトとは、一般的に使われる白色ワセリンよりも
不純物が少なく酸化しにくくて、肌にやさしく敏感肌にも快適に使える
精製度が高い高品質なワセリンです。


この、サンホワイトを加えることで、
バリアが低下したお肌の保湿力と保護力をさらに上げてくれます。

最後に

特長 その4.
6つの添加物が不使用の低刺激処方

敏感肌の方にとっては、
アレルギーや刺激の原因となる余計な成分は気になるところです。

より安心して使うには、
ただ保湿成分を入れてあるだけでなくて、
入れていないことも重要です。

ティモティア保水バリアクリームには入れないこだわりがあります。
その成分は……

1.パラベン

2.防腐剤

3.合成ポリマー

4.フェノキシエタノール

5.合成香料

6.石油系界面活性剤

が、一切入っていません!


ティモティア保水バリアクリームに含まれるている
水分の大部分は「結合水」という細菌が繁殖しにくい特徴の水を使用しています。


だから、お肌の刺激となる恐れのある
防腐剤を使わない、やさしい処方ができるワケなのです。


これなら、大人の肌だけでなく
小さなお子様の肌にも使えますね。

ティモティア保水バリアクリームを取り扱いしている販売店はどこか?

ティモティア保水バリアクリーム がアトピーにも使えるとなると
一度は、試してみたいと思いますよね。

そこで、ティモティア保水バリアクリームがどこで、販売されているのかを調べたら、
ティモティア保水バリアクリームは、薬局やドラッグストアには売られていませんでした。

また、スーパーやデパートの医薬品コーナーでも取り扱いがないと言うことがわかりました。

どうやら、ティモティア保水バリアクリームは、通販限定の製品のようです。

通販なら大手のAmazonと楽天市場が有名ですので調べてみたら
残念ながら、どちらにも取り扱いがありませんでした。

唯一の取り扱い販売店は、公式サイトのみのようです。

今すぐ、公式サイトをご覧になってみたい方は下からどうぞ。
ティモティア保水バリアクリーム 公式サイトはココから>>

必見です!今なら、ワンコインでお試しができます!!

ティモティア保水バリアクリームが、いまなら500円でお試しできるキャンペーンが実施されています。

気になっていても、経済的な負担で躊躇してしまう人でも、ワンコインなら気軽に使えるのではないでしょうか。

それに、実際にあなたの肌で試せるので、本当に合うかどうかも、しっかり確認できるはずです。

ただ、このお試しキャンペーン、いつまでしているか定かではありませんので、気になる方は、今すぐチェックして検討してみてください。

ティモティア保水バリアクリームのお試しキャンペーンはココから>>

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする